TKC会員事務所一覧 TKC会員のご紹介
戻る 前文献
20文献中の5文献目

《税務Q&A》

情報提供 TKC税務研究所

【件名】

事務室の蛍光灯を蛍光灯型LEDランプに取り替えた場合の取替費用

【質問】

 当社では、節電対策として自社の事務室の蛍光灯を蛍光灯型LEDランプに取り替えることを考えていますが、LEDランプへの取替えについての経理処理で悩んでいます。
 本来、電球の取替え(金額にもよりますが)は通常損金処理で良いかと思いますが、LEDランプに取り替えることはその電球自体の性能が高まったことにもなります。
 今回予定している取替えは、3階建て建物の1階部分のフロア事務室の蛍光灯100本すべてを蛍光灯型LEDランプに取り替えることを予定し、金額は次の通りになります。
蛍光灯型LEDランプ1灯15,000円×100灯=1,500,000円
取付費       1灯 1,000円×100灯=  100,000円
  計                      1,600,000円
 このような取替に係る費用については、資本的支出ではなく、修繕費として処理して差し支えありませんか。

【回答】

1 法人がその有する固定資産の修理、改良等のために支出した金額のうち当該固定資産の通常の維持管理のため、又はき損した固定資産につきその原状を回復するために要したと認められる部分の金額は修繕費とされています(法基通7-8-2)。一方、法人がその有する固定資産の修理、改良等のために支出した金額のうち、当該固定資産の価値を高め、又はその耐久性を増すこととなると認められる部分に対応する金額は資本的支出と捉えられています(法令132、法基通7-8-1)。
2 蛍光灯を蛍光灯型LEDランプに取り替えることで、節電効果や使用可能期間などが向上し、このような事実をもって、その有する固定資産の価値を高め、又はその耐久性を増しているとして資本的支出に該当するのではないかという捉え方もできますが、「蛍光灯(又は蛍光灯型LEDランプ)は、照明設備(建物附属設備)がその効用を発揮するための一つの部品であり、かつ、その部品の性能が高まったことをもって、建物附属設備として価値等が高まったとまではいえないと考えられます」(国税庁 質疑応答事例「自社の事務室の蛍光灯を蛍光灯型LEDランプに取り替えた場合の取替費用の取扱いについて」参照。)という捉え方からみますと、修繕費の概念に含まれますので、資本的支出には該当しないと考えられます。
3 したがいまして、ご質問における蛍光灯型LEDランプの取替えに係る費用1,600,000円は修繕費として損金算入されると考えます。
《参考》
 国税庁・質疑応答事例「自社の事務室の蛍光灯を蛍光灯型LEDランプに取り替えた場合の取替費用の取扱いについて」

【関連情報】

《法令等》

法人税法施行令132条
法人税基本通達7-8-1
法人税基本通達7-8-2

【収録日】

平成24年 4月25日


 
注1: 当Q&Aの掲載内容は、一般的な質問に対する回答例であり、TKC全国会及び株式会社TKCは、当Q&Aを参考にして発生した不利益や問題について何ら責任を負うものではありません。個別の案件については、最寄りのTKC会員にご相談ください。
注2: 当Q&Aの内容は、作成時の法令等を基に作成しております。このため、当Q&Aの内容が最新の法令等に基づいているかは、利用者ご自身がご確認ください。
注3: 当Q&Aの著作権は株式会社TKCに帰属します。当Q&Aのデータを改編、複製、転載、変更、翻訳、再配布することを禁止します。

 TKC会員事務所一覧 TKC会員のご紹介
戻る 前文献 次文献