TKC全国会の経営革新支援活動

 TKC全国会は中小企業の創業・経営革新支援に取り組んでいます。

 我々TKC会計人は、中小企業が現在おかれている逼塞状態を打開するため、中小企業の自助努力による「経営革新」、「経営改善」或いは「企業再生」を誘導し、その存続と健全な繁栄を実現するためにTKC全国会が「目利き役」を努める“実践部隊”を育成し、中小企業の存続と繁栄を通して日本経済再生の一翼を担うことを目的として「創業・経営革新アドバイザー」制度を創設しました。

TKC全国会「創業・経営革新アドバイザー」の行動指針
  1. 私たちは、経営者に現状打開の指針として、経営革新の必要性を認識して頂くための情報発信と啓蒙活動を積極的に展開します。
  2. 私たちは、現状打開の経営計画に基づく業績管理体制の構築支援を積極的に実施します。
  3. 私たちは、国及び地方自治体による中小企業支援策を理解し、その活用方法を積極的に提案します。
  4. 私たちは、中小企業新事業活動促進法の承認申請支援とそのフォローアップに積極的に取り組みます。
「創業・経営革新アドバイザー」の具体的役割
  1. この行動指針の実践活動の担い手となる。
  2. 黒字決算実現のために、次の機会を捉え、企業経営者に対して企業存続に不可欠な経営理念の確立とビジョン及び戦略の立案、その実行計画への落とし込みを奨励し、その実現を支援するためにKFSツールの活用を積極的に提案する。
    • 行政機関、中小企業支援機関、金融機関が主催する経営者セミナー
    • TKC地域会・支部主催による経営者セミナー
    • TKC会員事務所が主催する経営革新セミナー
    • TKC会員事務所が実施する巡回監査、決算事前検討会、期中における業績検討会
  3. 関与先企業の創業・経営革新支援のために、行政機関、中小企業支援機関、金融機関等とのコーディネータとしての役割を担う。

ページの先頭へ