5. IT経営革命をサポートします。
1. ビジネスに役立つインターネットとデータベースの有効活用を提案します。
2. 会計ソフト(FX2)により、月次決算から日次決算への移行を実現します。
3. 部門別の貢献利益、商品グループ別の利益動向が正確に把握できます。
4. ネットワークによる本支店の業績管理、リアルタイム経営を実現します。

 

■計数管理を徹底するためのツール
 いま、企業は「勘に頼る経営」からの脱皮が求められています。営業所、商品グループなどを、1つの会計単位(部門)とする業績管理を迅速かつ正確に行うためには、成果に基づく業績評価を行う仕組み作りとともに「管理ツール」が不可欠です。
 その管理ツールとして開発されたパソコン会計ソフトがTKCの戦略財務情報システム「FX2」です。
 FX2は会計事務所と関与先企業の「分業型ネットワークシステム」となっています。
 企業はFX2を使って日々の利益管理や手形・資金管理などを行い、会計事務所では毎月の巡回監査を通して法令に基づく正規の会計帳簿等(仕訳帳・総勘定元帳・貸借対照表・損益計算書等)の作成を行います。
 
■いつでも“3秒以内に”最新業績を確認
 FX2は、経理事務の合理化だけでなく、部門管理者の職務遂行と経営者の意思決定を的確に支援します。とりわけ、黒字決算を達成するには、実践的管理会計すなわち「変動損益計算書の活用」が重要です。
 FX2の【全社業績問い合わせ】画面の変動損益計算書から自社の「商品/市場戦略」と「業績管理」の成果を読めば、高コスト体質を解消して高付加価値を生むビジネス・モデルをつくりあげることができます。
 
■FX2の特長
 私たちは、正しい会計帳簿の作成だけではなく経営者の意思決定を支援するために、リアルタイムな「全社(部門別)の業績管理」から「インターネット」までを同時に利用可能とするパソコン会計ソフトの導入を支援します。
(1)

リアルタイムなマネジメント情報を提供
いつでも3秒以内に全社(部門別)の最新業績を【変動損益計算書】および【要約貸借対照表】画面で確認し、本日までの予算費と前年同期比を確認できます。

(2)

ドリルダウン型の問い合わせ
全社(部門別)の業績から異常値を発見したら即座に、その場で該当項目をクリックし、個別の取引(仕訳)にまでドリルダウンして原因究明することができます。

(3)

当期末業績の先行き管理機能
年度目標の売上高と経常利益を達成するためにどのような打ち手があるか、期末までの業績を季節指数を使ってシミュレーションすることができます。

(4) 部門別業績をタイムリーにレポート
部門別の最新業績の要約と部門貢献利益の順位分析がいつでも可能となります。
(5) 優れた手形管理機能
仕訳と完全連動して、支払手形と受取手形の期日・口座管理が可能となります。
(6) 改正消費税法の記帳義務に完全対応
仕訳データとして「実際の仕入れ年月日」および「課税仕入れ資産等の総称」を入力することにより、消費税の仕入れ税額控除の要件を満たす会計帳簿が完璧にできます。
(7) 日々の記帳業務を合理化
定型的な仕訳および毎月定期的に入力する仕訳は「仕訳辞書」から選択し、漏れなく簡単に入力することができます。
(8) 「経理業務日報」の自動作成
「現預金残高報告書」等、資金管理に必要な日報が毎日必ず作成されます。
(9) 「継続MAS」との連動
TKC会計人の指導による「業績検討会」で決まった年度予算をそのまま登録できます。
(10) イントラネット/インターネット
全国に配置されたTKCのアクセスポイントからイントラネット/インターネットに接続し、多様な機能を活用することができます。
*FX2は、平成10年3月に立法化された帳簿書類の電子データ保存制度(「電子計算機を使用して作成する国税関係帳簿書類の保存方法等の特例に関する法律」)に完全準拠しています。