説明コーナー
平成27年4月1日現在
(情報提供:TKC税務研究所)
< 相 続 税 >

相続税のあらまし
相続税の申告をする必要がある人
相続税の申告書の提出期限
相続税の申告書の提出先
相続税の申告書の提出方法
相続税がかかる財産
1.相続や遺贈によって取得した財産
2.相続や遺贈によって取得したものとみなされる財産(みなし相続財産)
3.相続開始前3年以内に被相続人から暦年課税に係る贈与によって取得した財産
4.生前に被相続人から相続時精算課税に係る贈与によって取得した財産
5.住宅取得等資金の贈与税の非課税の適用を受けた金銭贈与
6.教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税の適用を受けた金銭等贈与
相続税がかからない財産(非課税財産)
相続財産から控除できる債務、葬式費用
相続税の計算のしかた
1.相続税額の計算方法
2.相続税の税額控除
3.相続財産の評価のあらまし
4.小規模宅地等の特例
5.特定計画山林の特例
6.特定受贈同族会社株式等に係る特定事業用資産の特例
7.小規模宅地等の特例及び特定計画山林の特例の併用等
相続税の納付方法
1.相続税の納付
2.相続時精算課税に係る贈与税額の還付
3.相続税の延納及び物納
4.相続税の連帯納付義務
提出した申告書の訂正の仕方
1.誤って申告した場合
2.相続分などに異動を生じた場合
農地等についての相続税の納税猶予及び免除の特例
1.特例のあらまし
2.特例を受けるための要件
非上場株式等についての相続税の納税猶予及び免除の特例
山林についての相続税の納税猶予及び免除の特例
医療法人の持分に係る相続税の納税猶予及び免除・税額控除の特例
相続税の申告期限前に災害により相続財産に被害を受けた場合の相続税の軽減措置
< 贈 与 税 >
贈与税の申告をする必要がある人
暦年課税の贈与税額の計算方法
相続時精算課税の贈与税額の計算方法
贈与税がかかる財産
1.贈与を受けた財産
2.贈与を受けたものとみなされる財産
贈与税がかからない財産
住宅取得等資金の非課税
直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税(教育資金の非課税)
直系尊属から結婚・子育て資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税(結婚・子育て資金の非課税)
贈与税の配偶者控除の特例(暦年課税)
相続時精算課税選択の特例(相続時精算課税に係る住宅取得等資金贈与)
農地等についての贈与税の納税猶予及び免除の特例(暦年課税)
非上場株式等についての贈与税の納税猶予及び免除の特例(暦年課税)
医療法人の持分に係る経済的利益についての贈与税の納税猶予及び免除・税額控除の特例(暦年課税)
医療法人の持分を有する個人の死亡に伴い贈与又は遺贈があったものとみなされる場合の特例(暦年課税)
相続時精算課税の適用を受ける山林についての相続税の課税価格の軽減措置(相続時精算課税)
贈与税の申告書の提出期間
贈与税の申告書の提出先
詳しくは、当事務所にご相談ください。