TKC医業経営情報
 

 『TKC医業経営情報』は、医療機関やヘルスケア関連の皆様に対し、「医療制度改正」「病医院経営」「税務会計情報」など最先端のテーマを厳選し、タイムリーな情報を提供するTKC全国会医業・会計システム研究会発行の月刊誌です。

 ご購読については当事務所にお問い合わせください。

 
2016年

■261号8月

TKC医業経営情報261号8月 ●巻頭インタビュー/進むゲノム研究により3年・5年後の医療への応用の展望とは
独立行政法人理化学研究所統合生命医科学研究センター副センター長 久保充明
●病医院訪問/医療法人社団勝榮会いりたに内科クリニック理事長院長 入谷栄一
●患者が集まる歯科医院/患者視点を意識した工夫で「また来たい」と思われる医院をつくる
医療法人志朋会やまむら歯科理事長 山村昌弘
●患者・家族に寄り添う医療/「在宅医療」「家庭医機能」と「重症児の支援」で生活を支える
ひばりクリニック院長 髙橋昭彦
●人事労務/採用直後によくあるトラブルと対応法②
「労働時間」「休暇」等に関する規定上の留意点
●自計化推進/クリニックの月次決算体制づくり①
会計システム(MX2)を活用して月次決算体制を根づかせよう
●経営/開業から相続まで 〜ライフスパンに応じて直面する経営上の問題点と解決法
①開業準備期 開業準備でおさえておきたい6つのポイント
 

■260号7月

TKC医業経営情報260号7月 ●特集/地域の人々の「健康寿命」をいかに守るか!?
[総論] かかりつけ医に求められる“虚弱化対応”“気持ちの支え”
厚生労働省「健康日本21(第二次)推進専門委員会」委員長 東北大学大学院医学系研究科教授 辻 一郎
[事例1] 鍼灸・フィットネスと連携 痛み改善のワンストップ施設
医療法人TMC 富永ペインクリニック理事長・院長 富永喜代
[事例2] 認知症の進行を防ぎたい! 予防に特化したクリニック
ひろかわクリニック院長 広川慶裕
●トピック/あなたの医療機関は大丈夫? まさか!?の災害に備えておきましょう!
●経営情報システム/MX2で資金繰り管理を徹底し地域の女性の健康を守り続ける
松井レディースクリニック院長 松井義明
●患者目線に立つ医療の実践/患者の苦しみや不安を取り除くことを徹底的に追求していく
医療法人社団志晴冨田呼吸器・アレルギー内科医院理事長・院長 冨田和宏
●人事労務 採用直後によくあるトラブルと対応法@/就業規則の作成で未然に防ぐ
●歯科医院経営 ニーズ高まる訪問歯科!提供体制を構築するポイントA/ポテンシャルを測定し体制構築を
 

■259号6月

TKC医業経営情報259号6月 ●巻頭インタビュー/今後の高齢者医療を支えるために民間病院が担うべきことは
一般社団法人日本医療法人協会会長 加納繁照
●病医院訪問/医療法人 松浦医院理事長院長 松浦章人
●在宅看取りに必要なケアマインド/エンドオブライフ・ケアの体制構築へ看取りのコミュニケーション技法を広げる
めぐみ在宅クリニック院長 小澤竹俊
●介護療養病床の転換にともなう課題と対応/ニーズに合わせた転換先を見据え早急な体制整備を進めることが大切
京都府慢性期医療協会会長 一般財団法人仁風会理事長 清水 紘
●歯科医院経営/ニーズ高まる訪問歯科!提供体制を構築するポイント@訪問歯科の必要性と役割を理解しよう!
一般社団法人日本訪問歯科協会会長 守口歯科クリニック院長 守口憲三
●経営管理/黒字経営を支援する“黒字化面”が「変動損益計算書」の見方・生かし方を解説!A院長先生に求められる経営管理のポイント
●制度改正/医療法改正にともなう実務への影響 MS法人との取引報告が義務化
 

■258号5月

TKC医業経営情報258号5月 ●特集/平成28年度診療報酬改定
改定のポイントと地域包括ケアシステム構築へ向けてやるべきこと
株式会社MMオフィス代表取締役 工藤 高
[寄稿]
病医院は今改定をどう見るか?!
1. 全国在宅療養支援診療所連絡会事務局長 医療法人アスムス理事長 太田秀樹
2. やながわ在宅クリニック院長 柳川勇人
3. 医療法人青心会郡山青藍病院常務理事 野中俊英
●経営情報システム/地域包括ケア病棟への転換で“地域のゲートキーパー”を確立する
医療法人玖寿会田病院院長 山下太郎
●在宅医療の質向上の取り組み/複数拠点で在宅医療を展開 高い質で地域に最適なサービスを提供
医療法人社団悠翔会理事長 佐々木 淳
●うつ病等の患者数の増加にいかに対応するか/「認知行動療法」は適切な考え方・行動につなげる手助けをする
一般社団法人認知行動療法研修開発センター理事長精神科医 大野 裕
●人事労務/クリニックでもできる!モチベーションを高める人事評価制度A
スタッフの“やる気”につなげるポイントとは?
●経営管理/黒字経営を支援する“黒字化面”が「変動損益計算書」の見方・生かし方を解説!@「経営安全率」への留意が健全経営の第一歩
 

■257号4月

TKC医業経営情報257号4月 ●巻頭インタビュー/モデルなき地域包括ケアシステム実現への挑戦
医療法人財団天翁会 相談役 天本 宏
●病医院訪問/医療法人浩然会とうもう整形外科クリニック
理事 長院長 井浦浩司(群馬県太田市)
●28年度診療報酬改定/かかりつけ医機能の一層の強化 在宅医療では「同一日同一建物」の評価方法を変更
●これからの薬局が進むべき方向性/問われる患者本位の医薬分業
日本薬剤師会 相談役 漆畑 稔
●トピック/“療養病床の新類型”ー社保審で今後、制度改正の議論へ
●顧客中心主義の歯科医院経営/徹底した“患者さんのため”の考え方が急成長を支える
医療法人ハッピースマイル りお歯科クリニック 院長 折戸恵介
●人事労務/クリニックでもできる!モチベーションを高める人事評価制度@
導入するためのポイントを理解しよう
●制度改正/院長先生が知っておきたいQ&A「平成28年度税制改正」のポイント
 

■256号3月

TKC医業経営情報256号3月 ●特集/平成28年度診療報酬改定の動向
PART1[解説]
診療報酬改定の方向性と病医院経営への影響
株式会社MMオフィス代表取締役 工藤 高
PART2[インタビュー@]
岐路に立たされる療養病床 経営者に求められる意識改革
日本慢性期医療協会会長 医療法人平成博愛会理事長 武久洋三
[インタビューA]
本質的な視点で自院の役割を考える必要がある
医療法人社団つくし会新田クリニック理事長・院長 新田國夫
●経営情報システム/“心あるわかりやすい医療”をモットーに1人ひとりの患者と丁寧に向き合う
医療法人三徳会東医院理事長・院長 東 午郎
●クリニックが実践するスタッフの戦力化/院内発表会や患者向けイベントでスタッフの自主性を引き出す
医療法人明皐会 石坂整形外科クリニック理事長・院長 石坂 淳
●介護トラブル対応法 B/未収金の回収や家族の失踪への問題にはどのように対応するか?
●マイナンバー対応/今からでも遅くない! 院長先生が留意すべきマイナンバー対応のポイントC
諸外国のマイナンバー制度から見る今後の日本の方向性
●経営計画/5年後の自院の姿をイメージできていますかA
BSCによる中期経営計画策定の考え方
 

■255号2月

TKC医業経営情報255号2月 ●巻頭インタビュー/医療メディエーションの考え方に学ぶ 一歩踏み込んだ患者との信頼構築の方法
社団法人日本医療メディエーター協会 専務理事 和田仁孝
●病医院訪問/医療法人不二尚和会日笠クリニック
理事長・院長 千代反田 晋(宮崎県日向市)
トピック/「かかりつけ薬剤師」「健康サポート薬局」の姿とは
●“足科”クリニックの糖尿病における役割/足の疾患にトータルに対応 糖尿病による切断や重症化を防ぐ
足の診療所 院長 桑原 靖
●労働人口減少社会のなか担い手をどう確保するか/医療従事者の勤務環境改善を公的支援 今こそ積極的に取り組むとき
医療法人社団博奉会相模ヶ丘病院 理事長 公益社団法人日本医業経営コンサルタント協会 理事 山田 修
●介護トラブル対応法 A/利用者の「転倒・転落」のリスク軽減へどのような体制をつくるか?
高田・小海法律事務所 弁護士 小海正勝  弁護士 松石和也
●マイナンバー対応/今からでも遅くない! 院長先生が留意すべきマイナンバー対応のポイントB
マイナンバーの医療分野における課題と対応
●経営計画/5年後の自院の姿をイメージできていますか@
次年度経営計画を策定する際の考え方
 

■254号1月

TKC医業経営情報254号1月 ●巻頭インタビュー/“奇跡の復興”を勇気に一丸となった早期復旧
医療法人寛正会水海道さくら病院理事長 廣井 信  理事 小松大介[株式会社メディヴァ取締役]
●経営情報システム/予算管理の徹底で目標利益を確保 「丁寧な診療」で患者の信頼を得る
医療法人社団滋翔会中村整形外科理事長・院長 中村 滋
●在宅医療を支えるICT/多職種連携にスマホ活用 “医師一人の力”の最大化に効果
医療法人社団法山会山下診療所理事長 山下 巌
●中小病院の改革をいかに進めるか/病院改革で赤字経営から脱却 在宅までを支える体制をつくる
社会医療法人社団慈生会等潤病院理事長・院長 伊藤雅史
●介護トラブル対応法 @/増加する“利用者間の揉め事”に事業者はどう応じるか?
高田・小海法律事務所 弁護士 小海正勝  弁護士 松石和也
●マイナンバー対応/今からでも遅くない! 院長先生が留意すべきマイナンバー対応のポイントA
4つの安全管理措置が義務化
●理念と医業経営/理念の明確化がクリニックを強くする!B
進むべき方向性を示す「経営方針」策定の考え方
税理士医業経営コンサルタント 佐藤正雄
●誌上セミナー/第19回日本医業経営コンサルタント学会 大阪大会
シンポジウム「今後の医療提供体制」より
法改正の目的を理解した上での経営戦略が求められる
 
2015年

■253号12月

TKC医業経営情報253号12月 ●巻頭インタビュー/2035年を見据えた施策で国民の健康・長寿を守る
厚生労働大臣 塩崎恭久
●病医院訪問/社会医療法人泉和会千代田病院
理事長・院長 千代反田 晋(宮崎県日向市)
●認知症患者を地域で支える取り組み/精度の高い認知症チェック無料アプリで世代間を超えた患者のサポートにつなげる
NPO法人オレンジアクト 理事長 医療法人至会たかせクリニック 理事長・院長 瀬義昌
●在宅医療の新しいかたち/複数医体制で在宅医療と有老ホームを運営 新たなサービスを提供していきたい
医療法人社団メディカルオアシス 理事長 柳川勇人
●マイナンバー対応/今からでも遅くない! 院長先生が留意すべきマイナンバー対応のポイント@
●理念と医業経営/理念の明確化がクリニックを強くする!A
将来の姿を示す「経営ビジョン」をつくる考え方
税理士医業経営コンサルタント 佐藤正雄
●経営管理/経営数値を的確に把握し次の打ち手につなげよう! A経営分析表
 

■252号11月

TKC医業経営情報252号11月 ●特集/「働く環境」を整えいかにスタッフを戦力化するか!?
CASE1 スタッフの潜在能力を引き出し現場業務の権限委譲を進める
秋桜会グループ 常務理事・事務長 小林 勝
CASE2 スタッフの満足度を高め徹底したCS向上に邁進
医療法人八女発心会姫野病院 院長 姫野亜紀裕
CASE3 人材不足時代の到来を見据えCSからESへ転換
医療法人社団いでした内科・神経内科クリニック 理事長・院長 井手下久登
●トピック/「日本再興戦略」改訂2015が示す医療・介護の方向性
●経営情報システム/“秋田美人”をブランド化し県全体の活性化につなげたい
アーデ・ベークリニック 院長 小原美子
●地域で存在価値を高める中小病院の戦略/最先端の脊椎治療を強みに地域のオンリーワン病院を目指す
医療法人青心会郡山青藍病院 常務理事 野中俊英
●理念と医業経営 理念の明確化がクリニックを強くする!(1)/院長の想いを反映した経営理念をつくる考え方
税理士医業経営コンサルタント 佐藤正雄
●経営管理 経営数値を的確に把握し次の打ち手につなげよう! (1)医業データ分析表/重要指標とその改善のヒントを学ぼう!
 

■251号10月

TKC医業経営情報251号10月 ●巻頭インタビュー/ケアマネの行動力・フットワークが医療との連携構築を促進させる
日本介護支援専門員協会 会長 鷲見よしみ
●病医院訪問/医療法人波川会田村カルディオクリニック
理事長 田村 章  院長  田村親史郎(高知県吾川郡)
●患者との信頼関係をいかに構築するか/在宅への注力で“距離”の近い関係をつくり患者・家族を支える
医療法人社団つくしんぼ会つくしんぼ診療所 理事長・院長 鈩 裕和
●医療・介護複合施設の経営/高齢者医療は介護と両輪でリハビリを重視し在宅復帰を促進
医療法人生愛会 理事長 本間達也
●歯科医院経営 成功の3つのポイント(3)/予約・人事労務・サービスの品質―適切な経営管理の重要性
●事業承継 スムーズな医業承継のポイント(2)/課税の発生有無による承継の留意点
●介護事業への展開 医療法人のための介護事業参入のポイント(2)/医療法人が展開する介護サービスの種類と特徴
 

■250号9月

TKC医業経営情報250号9月 ●巻頭インタビュー/医療分野の番号制度「医療等ID」が皆保険制度の持続性を担保する
東京大学大学院 医学系研究科 医療経営政策学講座 特任准教授 山本隆一
●経営情報システム/患者中心の眼科医療を通じて地元に貢献したい
桑島眼科医院 院長 桑島一郎
●トピック [保健医療2035]/“健康先進国としての日本”構築に向けた提言
●主治医機能を重視した取り組み/“いつでも連絡がとれる”安心感を提供し患者との末長い関係性をつくる
医療法人イーハトーブ仙台内科総合クリニック 理事長・院長 鎌田和彦
●在宅医療における診診連携のポイント/5つの診療所が連携し地域の在宅医療を支える「チームドクターファイブ」
チームドクターファイブ 事務局 横林文子(医療法人よこばやし医院理事長・院長)
●介護事業への展開 医療法人のための介護事業参入のポイント(1)/地域ニーズに合った介護サービスを提供しよう!
税理士・中小企業診断士・医業経営コンサルタント 石井計行
●歯科医院経営 成功の3つのポイント(2)/―大型化のポイント―予防歯科重視の体制をつくる
●事業承継 スムーズな医業承継のポイント(1)/法人制度の理解が不可欠―承継パターンと課税の関係―
 

■249号8月

TKC医業経営情報249号8月 巻頭インタビュー/高度急性期医療から在宅までを結ぶ“最大・最強”の地域包括ケア病棟
地域包括ケア病棟協会会長 医療法人社団和楽仁芳珠記念病院理事長 仲井培雄
●病医院訪問/医療法人社団樫林歯科理事長・院長 樫林義雄(兵庫県明石市)
●365日診療が目指す姿とは/“いい医療”の実現のためには地域の医療リテラシー向上が不可欠
医療法人社団ナイズ理事長 白岡亮平(キャップスクリニック代官山T-SITE 院長)
●心理的アプローチによる糖尿病治療/糖尿病治療を通じて患者のよりよい人生をサポートする
医療法人さいとう内科クリニック理事長・院長 齋藤幾重
●歯科医院経営/成功の3つのポイント(1)
二極化進む歯科医院―大規模化のすすめ方
●サ高住経営/医療法人が失敗しないサ高住経営の要点(3)
他社物件との差別化の考え方
●人事労務/自院に合った人材を採用するための3つの視点(3)
離職防止・トラブル防止―採用後の対応ポイント
 

■248号7月

TKC医業経営情報248号7月 ●特集/「人」を育てる病医院経営
CASE1
院内のIT化と業務改善で患者目線のサービスを提供
医療法人上野会上野クリニック理事長・院長 上野正勝
CASE2
“院内バイブル”で院長の想いを全スタッフで実現する
医療法人虹心会たなべクリニック産科婦人科理事長・院長 田邉良平
CASE3
病院改革を支えるチーム医療 1人ひとりの技術・知識を高める
医療法人財団公仁会鹿島病院常務理事・事務部長 下瀬 宏
●トピック/「地域医療構想策定ガイドライン」で地域特性に合った医療提供体制づくりが本格始動
●経営情報システム/すべては患者のQOL向上のため 歯科医院経営は大局的視点で捉える
医療法人社団あゆみ会中原歯科クリニック理事長 中原 孝
●在宅ケアのリスクマネジメント/訴訟増の傾向にある看護・介護 在宅を含めた対応策を
国立大学法人浜松医科大学医学部医療法学教授 大磯義一郎
●サ高住経営 医療法人が失敗しないサ高住経営の要点(2)
報酬改定に影響されない事業スキーム構築の考え方
●人事労務/自院に合った人材を採用するための3つの視点(2)
おさえておきたい面接での留意点
 

■247号6月

TKC医業経営情報247号6月 ●巻頭インタビュー/訪問看護ステーションは他機関・多職種との連携拠点に
一般社団法人全国訪問看護事業協会会長 伊藤雅治
●病医院訪問/健呼吸器内科・アレルギー科クリニック院長 鹿内俊樹(青森県八戸市)
●トピック/ビッグデータとマイナンバーの活用で次世代の医療サービスはどう変わるか?
●医療過疎地の救急クリニック/特例診療所としてベッドを持ち救急医療を提供
広域医療法人EMS松岡救急クリニック理事長・院長 松岡良典
●“柏プロジェクト”の実践/主治医・副主治医の体制づくりで在宅医療を推進
医療法人社団双樹会古田医院院長 古田達之
●患者満足度向上/信頼を勝ち取る接遇のポイント(3) ケーススタディ
気持ちを汲み取り最善の対応を心がけよう!
●サ高住経営/医療法人が失敗しないサ高住経営の要点(1)
新規参入時の5つの要点
●人事労務/自院に合った人材を採用するための3つの視点(1)
事前準備に欠かせない業務を理解する
 

■246号5月

TKC医業経営情報246号5月 ●巻頭インタビュー/7つのドメインで課題の「見える化」が必要
医療法人アスムス理事長 太田秀樹
●経営情報システム/MX2による自計化が「思いやりの医療」を支える
医療法人深慈会クリニカ・デ・ふかや理事長・院長 深谷憲一
●信・早・正の月次決算体制づくり/安定経営の第一歩は自院の経営の明確な把握から(2)正確な数字による業績管理が強いクリニックをつくる
●住民とともにつくる地域医療/住民参加型の医療・介護をつくり高齢者の安心生活を支える
医療法人社団公朋会理事長 西嶋公子
●予防歯科中心のクリニック/多くの患者が来院する歯科医院 決め手は予防重視への転換
コンドウ歯科院長 近藤昌嗣
●患者満足度向上/信頼を勝ち取る接遇のポイント(2) 応用編
患者の立場に立ち気持ちを汲み取ろう!
●税制改正のポイント/法人税引き下げ、結婚・子育て資金の非課税制度創設
 

■245号4月

TKC医業経営情報245号4月 ●特集/2015年度介護報酬改定
PART 1 介護報酬改定の概要と医療法人への影響
株式会社ASK梓診療報酬研究所 副所長 富田敏夫
PART 2 現場は今改定の影響をどう見るか
1 老健の在宅復帰機能のさらなる強化が求められている
医療法人社団裕正会介護老人保健施設ウェルケア新吉田 事務長 漆間伸之
2 認知症への対応強化に疑問 ケアマネジメントの充実こそが不可欠
医療法人社団つくし会新田クリニック 理事長 新田國夫
●病医院訪問/医療法人社団樹良会高亀医院理事長 高亀良治(広島県尾道市)
●信・早・正の月次決算体制づくり/安定経営の第一歩は自院の経営の明確な把握から(1)
安定経営に不可欠なリアルタイムの業績管理
医業経営コンサルタント本誌編集委員 赤松和弘
●手術にこだわる新たな開業医像/専門病院との関係構築で年間200例の低侵襲手術を行うクリニック
藤田整形外科クリニック院長 藤田拓也
●地域ニーズを支える中小病院/地域住民の要望に応え療養型を中心にサ高住などを展開
医療法人社団高原会高原病院院長・理事長 高原 仁
●患者満足度向上/信頼を勝ち取る接遇のポイント(1) 基本編
患者の期待に応える接遇の基本をおさえよう!
 

■244号3月

TKC医業経営情報244号3月 ●特集/超高齢社会をいかに支えるか
CASE1“地域全体を診る”取り組みで医療過疎地と高齢者生活をサポート
医療法人蛍慈会理事長 石木基夫
CASE2 自前の介護施設を持つことで時宜に包括的なサービスが可能に
医療法人今城クリニック理事長 今城保定
CASE3 かかりつけ医として在宅ターミナルを患者・家族の身近で支える
鈴木内科医院院長 鈴木 央
●トピック/通常国会に法案提出医療保険制度改革の骨子
●経営情報システム/MX2で資金繰りや経費等を管理 質にこだわる歯科医療を展開
サクラ堂歯科医院院長 鈴木篤史
●薬局・薬剤師の方向性/2つの機能が融合した利便性の高い薬局が地域から求められている
公益社団法人日本薬剤師会会長 山本信夫
●介護経営/訪問看護ステーションの多機能化の要点B
必要不可欠な「経営力」をいかに高めるか
●人事労務 若手スタッフの働くモチベーションを高めよう!B
やる気を引き出す 教育制度づくりの考え方
 

■243号2月

TKC医業経営情報243号2月 ●巻頭インタビュー/在宅の限界点を高めいかに生活を支えるか
淑徳大学総合福祉学部教授 結城康博
●病医院訪問/医療法人しんデンタルクリニック理事長院長 新谷恭弘(福島県いわき市)
●乳がん治療のピアサポート/がん経験者だからこその言葉が信頼の医療につながる
あじさいクリニック乳腺外科院長 濱本隆浩
●急性期病院が実践する生活支援/医療、介護、在宅の“架け橋”を目指し地域の人々の安心生活を支える
社会医療法人全仁会倉敷平成病院理事長 高尾聡一郎
●介護経営/訪問看護ステーションの多機能化の要点A
カギを握る「利用者」と「人材」確保をいかに進めるか
●人事労務/若手スタッフの働くモチベーションを高めよう!A
メンタル面に影響する パワハラ防止の要点
●税務/院長先生がおさえておきたい確定申告の留意点
 

■242号1月

TKC医業経営情報242号1月 ●新春インタビュー/アンチエイジングは究極の予防医療 カギ握る長寿遺伝子・時計遺伝子
ハーバード大学医学部客員教授 事業構想大学院大学理事・教授 根来秀行
●経営情報システム/MX2で適切な設備投資を実施 母親の不安を解決できる小児科を目指す
ファミリークリニックせぐち小児科院長 瀬口正史
●予防アプローチ/予防重視の実践こそが医療と日本の未来を元気にする
医療法人社団トータルライフ医療会東京トータルライフクリニック理事長 馬渕茂樹
●「医療」と「経営」の分離/経営中枢拠点の設置によって環境変化への柔軟・迅速な対応を可能に
愛仁会グループ愛仁会本部本部局長 松原正明  介護福祉事業部長 坪茂典
●介護経営/訪問看護ステーションの多機能化の要点@
期待される地域包括ケアの拠点としての活動
●人事労務/若手スタッフの働くモチベーションを高めよう!@
「労働時間」「休暇」「勤務形態」の考え方
●税務 個人クリニックの税務講座D
事業承継にともなう税金の仕組みを確認しよう!
 
提供:株式会社TKC
 
▲ ページトップへ戻る